“共立美容外科”について

ある調査において、お勧めの美容外科医院ランキング1位に選ばれたのは、“共立美容外科”だそうです。
それでは、この美容外科医院の豊胸手術が、1位に選ばれた理由を紹介します。

“共立美容外科”の“人工乳腺法”による“豊胸手術”は、国内で最多とされています。
また、手術を担当するのは、数々の症例を重ねた医師が行なっているので、とても信頼できるということです。

“共立美容外科”で取り扱っているバッグは、形や触り心地、安全性などを独自の基準を設けて揃えています。
そして、患者の希望や症状を聞いて、それに合ったバッグを実際に触ってもらい、最適なバッグを選択していくのです。

麻酔についても、他とは違うようです。
“共立美容外科”では、全身麻酔または硬膜外麻酔を併用することで、手術を行っていきます。
手術を担当する医師と麻酔科医によって、麻酔方法は選択されますが、どちらの麻酔方法であっても、手術を行なっている途中に痛みを感じることはありません。

“共立美容外科”の“豊胸手術”は、手術後についても違いがあります。
“完全主治医制”というフォローアップ体制をとっており、手術を受けてからの1年間は、無料で検診を行なっています。
たとえば、手術から1ヵ月後に検診があり、半年間は月に1度程度の検診、半年後から1年の間は2ヵ月に1度ほどの検診を受け、経過を細かく観察していくのです。
また、手術を受けてからの乳ガンの検診も受け付けているので、とても安心して信頼できる美容外科ということができるでしょう。

“共立美容外科”は1989年に開院して、現在では全国に15院を開院しています。
豊胸を考えている人は、近くの“共立美容外科”でカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

“豊胸手術”の注意点

現在では積極的に豊胸治療が行われるようになっていますが、豊胸治療の歴史において、これまでは副作用や合併症の連続だったようです。
女性の乳房というのは、人間の体の中でも特殊な部分とされるので、簡単に再現するのは難しいということです。

“豊胸手術”を成功させるためには、仕上がったバストの形状や大きさ、柔軟性とともに、安全性の継続が求められるのです。
長年にわたる試行錯誤の結果、現在の豊胸手術に至るわけですが、それでもまだ100%完璧な手術とは言えないようです。

それでは、“豊胸手術”における問題点や注意点とはどのようなものなのでしょうか。
一つは、左右のバストの形状や大きさなどを患者の理想とするものに完璧に仕上げることが難しいことです。
患者が要求するポイントがあまりに多いと、手術後に後悔する可能性が高いということです。

また、“人工乳腺法”による“豊胸手術”では、体内に“豊胸バッグ”という異物を入れるので、硬直する可能性があります。
ただ、現在使用されている“豊胸バッグ”では、指示されたマッサージを行なうなどのアフターケアで、ほとんどの場合は解決できるようです。

そのほかの問題点や注意点としては、切開した部分の傷跡が残ってしまうこと、成長期の“豊胸手術”は避けたほうが良いこと、授乳する際に障害が起きる可能性がわずかながらあること、などが挙げられます。
また、手術をする医師の問題点ですが、感染症や合併症などの発症に対しても注意しなければいけません。

“豊胸手術”の体験談

“豊胸手術”をして“良かった”という人と、“悪かった”という人の両方の体験談を紹介します。

まず、バッグ法で“豊胸手術”をして満足の結果が得られた人の意見です。
この人は、出産と授乳によって、崩れてしまったバストに悩んでいました。
そして、豊胸手術のカウンセリングを受け、そこで実際にバッグを触ってみて、とても感触が良い“シリコンジェルバッグ”を挿入する手術を受けることを決意しました。
手術が終わり、若々しく張りのあるバストを再び手に入れることができて、とても感激したようです。
また、体だけでなく、気持ちまでも若返ることができ、オシャレにも興味を持つようになって毎日が楽しくなったようです。

次は、“脂肪注入法”による“豊胸手術”を受けて良かったという感想です。
はじめは、本当に自分の理想通りになるのかという、半信半疑の気持ちで手術を受けたようです。
しかし手術が終わった時、スリムになった自分の身体を見てとても驚いたそうです。
また痛みも全くなく、しかも傷跡がわからないことにもビックリしたそうです。
気になっていた部分の脂肪がなくなり、その分バストが大きくなったので、それまでの悩みが一瞬のうちに解消したそうです。

“豊胸手術”を受けて“悪かった”という感想もあります。

“コヒ−シブシリコン”を挿入した人の意見ですが、仕上がりの形は満足したものの、感触の悪さが理想とは違ったようです。
カウンセリングでは、“徐々に柔らかくなる”と言われたそうですが、仰向け状態でのバストの固さに悩んでいるようです。

最後は、“脂肪注入法”を受けて困っている人の感想です。
“豊胸手術”を受けてから約2年経った人ですが、バストに注入した脂肪が固まっているような感じがするそうです。
また、手を上に挙げると、バストの形が不自然に見えることが不満のようです。

豊胸材料の移り変わり

約10年前までは、豊胸手術で使用される材料としては、流動性のシリコンが入った“シリコンバッグ”が、世界的に使用されていました。
しかしその後、シリコンが体内に漏れ出て、健康面に悪影響を与えるということが指摘され、使用が一時中止されるという状態になりました。

そして、“シリコンバッグ”に代わるものとして生理食塩水の入ったバッグが使用されるようになりました。
これは、たとえ内容物が漏れても副作用が軽い、という安全面を重視して開発されました。
ところが、触り心地や見た目の形状が少し不自然であったり、中の生理食塩水が漏れやすかったりすることが、問題になりました。

そこで、感触をより自然なものにしようと、新しい材料である“ハイドロジェル”が開発されました。
しかし欧米では、安全面に問題があるということで、現在この“ハイドロジェル”は禁止になっているようです。
また、生理的食塩水のバッグと比較すると、多少切開の傷跡が大きいようです。

しかし、“生理食塩水バッグ”も“ハイドロジェルバッグ”も、どうしてもシリコンの感触の良さには負けてしまい、やはりシリコンを使用したい、という意見が多数あったようです。
そして、その願いを叶えるために“コヒーシブシリコンバッグ”が開発されました。
この“コヒーシブシリコンバッグ”は、非常に組織に浸透しにくいので、体内に漏れ出ても浸透してしまう心配がありません。
現在、“コヒーシブシリコンバッグ”はもっとも人気があり、希望する人が急増しているようです。

“豊胸手術”に関する質問

“豊胸手術”に関して、よくある質問とその回答を紹介します。

まず、レントゲンなどに“豊胸バッグ”が写ってしまうの?という質問です。
ほとんどの場合、“豊胸バッグ”はレントゲンに写ってしまいます。
ただ、それを見てわかっているのは、レントゲンを担当した医師と看護士くらいですので、他に口外されることはまずないでしょう。
また、医師がそれを見て異常だと捉えることはたいていありません。

次の質問は、“豊胸手術”によって合併症が起こることはあるの?ということです。
実際のところ、合併症が100%起こらないとはいえません。
しかし、合併症を起こすほとんどの場合は、指示されたマッサージやアフターケアがしっかりできていなかったことが原因といえます。
きちんとアフターケアやマッサージをしていても、合併症が起きた可能性のある場合はクリニックに相談してみてください。
また、クリニックを選ぶ基準として、アフターケアがしっかりしているかどうかに着目してみると良いでしょう。

次は、“豊胸手術”をしたことが他の人にわかってしまわないの?という質問です。
急にサイズを大きくしたら、やはり少し変だなぁと思われることはあるかもしれません。
しかし、感触は本物の胸とあまり変わらないので、ほとんど気づかれる可能性はないと思います。
クリニックではいろいろな工夫をして、しこりができないようにしたり、触り心地をより自然にできるようにしたり、また硬くならないように研究を進めたりしています。

最後に、“豊胸手術”は妊娠や授乳に悪い影響を与えるの?という質問です。
“豊胸手術”によって母乳が出にくくなるということはないようです。
また、妊娠中には胸が大きくなりますが、それによって“豊胸バッグ”が破損するという心配もないでしょう。
でも、妊娠中はできるだけ“豊胸手術”を避けたほうがよいでしょう。
詳しいことは、クリニックの医師に聞いてみてください。

豊胸術後について

無事“豊胸手術”を終えて憧れのバストを手に入れた後にも、ケアの仕方や注意する点などを知っておく必要があります。

“豊胸バッグ”を挿入する“豊胸手術”を受けた後は、しっかりと“豊胸術後マッサージ”を行わないといけません。
体の中に“豊胸バッグ”という“異物”を挿入したことで自然に起こる反応として、“豊胸バッグ”の周りに被膜ができます。
これは体が“豊胸バッグ”を異物であると察知し、その異物から体を守ろうとするためです。

手術後の体は、“豊胸バッグ”の周りに被膜を作って、異物を小さくしようとして、締め付ける働きがみられます。
そのため皮膜が“豊胸バッグ”の周りにできたままの状態にしておくと、だんだん締め付けられて“豊胸バッグ”が堅くなってしまいます。
そのため、バストが手術後に硬くなる場合があるのです。
さらに放っておくと、最悪の場合は“豊胸バッグ”が破壊されることもあります。

このようなことから、豊胸術後には、しっかりマッサージを行わないといけないのです。
きちんとマッサージを行うことで、被膜の“豊胸バッグ”への密着を緩め、“豊胸バッグ”を保護することができるのです。

その他の注意点として、豊胸術後の1週間程度、入浴を控えてください。
シャワーくらいなら5日後くらいから大丈夫です。
また、喫煙や飲酒は手術後の1〜2ケ月くらいは控えてください。
喫煙や飲酒は、傷跡の治り具合に非常に影響してきます。
ブラジャーを着用するのも、控えた方がよいでしょう。

あとは、医師の指示にしっかりと従うことです。
せっかく手に入れた美しいバストですので、大切に保ってあげてください。

プチ豊胸手術について

“豊胸手術”の中には、手軽に“バストアップ”を実現する“プチ豊胸手術”があります。
この手術は次のような方にお薦めです。
“バストアップしたいけど、手術するのは抵抗がある”という方。
“入院せずに気軽にバストアップを実現したい”という方。
“左右の胸の差をなくしたい”という方。
“出産と授乳によって、貧弱な胸になってしまった”方。
“水着になる自信がない”方。
“旅行や温泉へ出発する前に“バストアップして行きたい”という方。
これらの悩みをもった方にお薦めです。

“プチ豊胸手術”には、胸に“SUB-Q”という“ヒアルロン酸”を注入することで、“バストアップ”を実現します。
“SUB-Q”とは、人体の細胞や皮膚に存在している“ムコ多糖類”の一種です。
アレルギーを起こす心配がほとんどなく、体に安全といわれています。
また、“SUB-Q”を注入してすぐに “バストアップ”を実現することが可能です。

この“SUB-Q”は、従来の“ヒアルロン酸”に比べて約10倍大きい粒子を持っています。
そのために体内へ吸収される時間が遅く、“バストアップ”効果が減ってくるのが“約3年前後”とされています。
だから、それまでの“ヒアルロン酸”よりも効果をかなり長持ちさせることができるといわれています。

“SUB-Q”の治療は1回10〜20分で終わり、メスを使わず“注射だけ”なので、傷跡が残る心配はいりません。
また、局所麻酔だけで痛みを心配することもなく、治療後はすぐに帰ることができます。
数ヶ月間、時間を少しずつかけて“バストアップ”していくこともできます。
左右の大きさを自由に調整することも可能で、希望するバスト部分をデザインすることもできます。

“豊胸手術”の種類

胸は“女性の象徴”でもあります。
だからこそ、多くの女性が胸に関するいろいろな悩みを抱えています。
“胸をもっと大きくしたい”、“きれいな形に整えたい”、“陥没している乳首を治したい”など、女性ならば胸のことで悩んだ経験あると思います。
今では、美容外科に行けばそんな悩みも解消してくれます。
しかし、どんな方法で手術が行なわれるのかなど、不安もいくつかあると思います。
そこで、“豊胸手術”だけでもいろいろな手術方法があるので、簡単に説明しようと思います。

誰にも気づかれないように、切らないで短期間で胸を大きくしたい人や、“人工物”を体の中に入れたくないという人にお薦めなのが“ヒアルロン酸注入法”です。
この方法はとても体に安全で違和感もなく、アレルギーを起こす心配もありません。
個人差はありますが、一回注射すると効果が“1〜2年程度”持続し、サイズは“約1〜2カップ”大きくなります。
入院や通院することもなく、10分程度の治療で終わります。
手術が怖い方にとっても、最適な豊胸方法だと思います。

“バストアップ”を持続させたい人や自然な胸の形にしたい人、出産や授乳によって垂れてしまった胸が気になる人には、“人工乳腺法”が向いています。
この方法は、人体に安全ないろいろなタイプの“バッグ”胸元に挿入することで、“バストアップ”を実現します。
できる限り自然なバストラインにするために、挿入する“バッグ”の種類や元の胸の大きさによって、最も適した手術方法を選びます。

それぞれの方法に長所短所がありますので、自分の目的に適したものを選択してください。
豊胸・バストアップについて:内容紹介
豊胸手術の種類
“豊胸手術”だけでもいろいろな手術方法があるので、簡単に説明しようと思います。
プチ豊胸手術について
“豊胸手術”の中には、手軽に“バストアップ”を実現する“プチ豊胸手術”があります。
クリニックの選択
患者が本当に安心できるような説明ができ、しかも確かな結果を出しているクリニックを見極めることは、とても難しいと思います。 そこで“豊胸手術”を行なっているクリニックを選ぶ際に、注意したほうが良い点を挙げてみました。
人工乳房の種類
“豊胸手術”で使用される“人工乳房”の種類はさまざまあります。 その性質をそれぞれ紹介します。
豊胸術後について
無事“豊胸手術”を終えて憧れのバストを手に入れた後にも、ケアの仕方や注意する点などを知っておく必要があります。
豊胸後遺症について
“豊胸手術”に限ることではなく、どのような手術においても後遺症の可能性はあるものです。 “豊胸手術”の場合はどのような後遺症が起こるのでしょうか。
豊胸サプリメントについて
“豊胸手術”などによって大切な身体に傷を残すことに抵抗がある方や、“ヒアルロン酸”を注入するのもちょっと・・・という方には、豊胸効果がある“豊胸サプリメント”がお薦めです。
美しいバストをつくる仕組み
効果的な“バストアップ”とは、食生活を根本から改善することや、“バストアップ”に効果のあるエクササイズを行なったり、マッサージをしたりすることなのです。
豊胸と女性ホルモン
胸が小さい原因は遺伝だとか、“豊胸手術”するしか方法がない、なんて諦めている人も多いでしょう。 ところが、実はその原因には“女性ホルモン”が関わっているのです。
猫背矯正で豊胸
いつも背筋を伸ばして、胸を張って堂々と歩くことを意識してください。 “猫背”を矯正して、胸を張ることを意識するだけで、数センチはバストアップします。
骨盤矯正で豊胸
左右のバストの大きさや形の違いも、“骨盤が歪んでいる”ことが原因だと言われています。
乳腺下法とは
“乳腺下法”は、“豊胸バッグ”を“大胸筋と乳腺の間”に挿入する方法です。
大胸筋下法とは
“大胸筋下法”とは、“肋骨と大胸筋の間”に“豊胸バッグ”を挿入するという方法です。
豊胸に効果のある食品
豊胸のためのエクササイズやマッサージを行なっても豊胸の効果が現れないという場合、普段の食生活を見直してみると良いでしょう。
豊胸効果が得られない原因
何年も豊胸のためにいろいろ取り組んでいるのに効果が全然現れない、という人もいるでしょう。 そのような人は、どうしてなかなか効果が出てこないのでしょうか。 考えられる原因をいくつか挙げてみます。
光豊胸について
“光豊胸”とは、豊胸用バッグなどを使わずに、光を使用した豊胸技術のことです。 メスを使わないので、体をまったく傷つけることがなく安全です。
人工乳房手術の危険性
“人工乳房”とは、乳がんなどの病気で乳房を失ってしまった方が、再び乳房を手に入れるために使用されるものです。 しかし、“人工乳房”は完全に安全なものとはいえません。
豊胸とストレスの関係
日常生活にリラックスする時間がないと、“豊胸マッサージ”やサプリメントを摂取しても、豊胸の効果が現れないことがあります。 なぜ、豊胸・バストアップにストレスが関係があるのでしょうか?
豊胸とブラジャー
自分のサイズに合っていないブラジャーを着用していると、バストの形が崩れてしまいます。 そこで、自分に合ったブラジャーを選ぶ際の注意点を紹介します。
豊胸と便秘
“便秘”に悩んでいる女性はとても多いと思います。 その“便秘”は、実は意外にも豊胸と関係があるのです。
豊胸手術に関する質問
“豊胸手術”に関して、よくある質問とその回答を紹介します。
乳頭陥没について
乳頭が陥没していることで悩んでいる人も多いと思います。 “乳頭陥没”で悩んでいる女性は、女性全体の10%以上といわれています。
豊胸材料の移り変わり
約10年前までは、豊胸手術で使用される材料としては、流動性のシリコンが入った“シリコンバッグ”が、世界的に使用されていました。 シリコンバッグからコヒーシブシリコンバッグへの移り変わりをご紹介します。
豊胸手術の体験談
“豊胸手術”をして“良かった”という人と、“悪かった”という人の両方の体験談を紹介します。
豊胸グッズの紹介
“豊胸効果”のある、人気グッズを紹介します。
豊胸手術の注意点
現在では積極的に豊胸治療が行われるようになっていますが、豊胸治療の歴史において、これまでは副作用や合併症の連続だったようです。“豊胸手術”における問題点や注意点とはどのようなものなのでしょうか。
共立美容外科について
ある調査において、お勧めの美容外科医院ランキング1位に選ばれたのは、“共立美容外科”だそうです。この美容外科医院の豊胸手術が、1位に選ばれた理由を紹介します。
パワーヨガでバストアップ
“ヨガ”をエクササイズに取り入れると、“バストアップ”に効果的だというのは事実のようです。
バストアップツボのマッサージ
豊胸やバストアップを望んでいるのなら、豊胸効果のある“ツボ”をマッサージするのもお勧めの方法です。
バストアップとビタミン
“ビタミンB1”は豊胸効果のある食品だということを知っていましたか?

※豊胸、バストアップ法の効果には個人差があります。また、掲載情報を使って損害が生じたとしても当方では一切の責任を負いかねますので、必ずご自身の責任の元にご利用下さい。