人工乳房カテゴリの記事一覧

“人工乳房”の種類

“豊胸手術”で使用される“人工乳房”の種類はさまざまあります。
その性質をそれぞれ紹介します。

“シリコンバッグ”は、世界的に見ても最も古くから“豊胸手術”で利用されています。
“シリコンバッグ”の中には、“シリコンジェル”という液状のものが入っています。
とても柔らかく自然な感触なのですが、バッグが破損した場合は体内に内容物が漏れ出してしまう危険性があります。
そのため、アメリカの厚生省にあたる“FDA”は、1992年に“シリコンバッグ”の使用中止を要請しました。
しかし、自己免疫疾患や乳がんなど、心配されていた因果関係も否定されて、ヨーロッパでは現在でも頻繁に使用されているようです。

“シリコンバッグ”を改良したのが、“コヒーシブシリコンバッグ”です。
“コヒーシブシリコン”とは、液漏れしない“グミ”のようなシリコンです。
以前は、あまり柔軟性がなく問題となっていたようですが、今では改良されて非常に柔らかいものになりました。
現在では最も多く利用されているようです。

“生理食塩水”が入ったバッグも利用されています。
“生理食塩水”の長所は、万が一漏れ出してしまっても、深刻となる副作用が出にくく、安全だということです。
また、バッグを挿入するための“切開”が小さくて、傷が目立ちません。
胸の大きさをできるだけ調整できるということも、長所のひとつです。
ただし短所もあります。
形状が不安定になったり、飛行機などで気圧が低くなると膨らんでしまったりすることです。

“CMC(カルボキシメチルセルロース)バッグ”は、触った感触がもっとも本物の乳房に近いようです。
ところが、アメリカの“FDA”やフランスでは、内容物が漏れ出た場合の副作用について問題視されていて、明確には安全性を認められていないようです。
豊胸・バストアップについて:内容紹介
豊胸手術の種類
“豊胸手術”だけでもいろいろな手術方法があるので、簡単に説明しようと思います。
プチ豊胸手術について
“豊胸手術”の中には、手軽に“バストアップ”を実現する“プチ豊胸手術”があります。
クリニックの選択
患者が本当に安心できるような説明ができ、しかも確かな結果を出しているクリニックを見極めることは、とても難しいと思います。 そこで“豊胸手術”を行なっているクリニックを選ぶ際に、注意したほうが良い点を挙げてみました。
人工乳房の種類
“豊胸手術”で使用される“人工乳房”の種類はさまざまあります。 その性質をそれぞれ紹介します。
豊胸術後について
無事“豊胸手術”を終えて憧れのバストを手に入れた後にも、ケアの仕方や注意する点などを知っておく必要があります。
豊胸後遺症について
“豊胸手術”に限ることではなく、どのような手術においても後遺症の可能性はあるものです。 “豊胸手術”の場合はどのような後遺症が起こるのでしょうか。
豊胸サプリメントについて
“豊胸手術”などによって大切な身体に傷を残すことに抵抗がある方や、“ヒアルロン酸”を注入するのもちょっと・・・という方には、豊胸効果がある“豊胸サプリメント”がお薦めです。
美しいバストをつくる仕組み
効果的な“バストアップ”とは、食生活を根本から改善することや、“バストアップ”に効果のあるエクササイズを行なったり、マッサージをしたりすることなのです。
豊胸と女性ホルモン
胸が小さい原因は遺伝だとか、“豊胸手術”するしか方法がない、なんて諦めている人も多いでしょう。 ところが、実はその原因には“女性ホルモン”が関わっているのです。
猫背矯正で豊胸
いつも背筋を伸ばして、胸を張って堂々と歩くことを意識してください。 “猫背”を矯正して、胸を張ることを意識するだけで、数センチはバストアップします。
骨盤矯正で豊胸
左右のバストの大きさや形の違いも、“骨盤が歪んでいる”ことが原因だと言われています。
乳腺下法とは
“乳腺下法”は、“豊胸バッグ”を“大胸筋と乳腺の間”に挿入する方法です。
大胸筋下法とは
“大胸筋下法”とは、“肋骨と大胸筋の間”に“豊胸バッグ”を挿入するという方法です。
豊胸に効果のある食品
豊胸のためのエクササイズやマッサージを行なっても豊胸の効果が現れないという場合、普段の食生活を見直してみると良いでしょう。
豊胸効果が得られない原因
何年も豊胸のためにいろいろ取り組んでいるのに効果が全然現れない、という人もいるでしょう。 そのような人は、どうしてなかなか効果が出てこないのでしょうか。 考えられる原因をいくつか挙げてみます。
光豊胸について
“光豊胸”とは、豊胸用バッグなどを使わずに、光を使用した豊胸技術のことです。 メスを使わないので、体をまったく傷つけることがなく安全です。
人工乳房手術の危険性
“人工乳房”とは、乳がんなどの病気で乳房を失ってしまった方が、再び乳房を手に入れるために使用されるものです。 しかし、“人工乳房”は完全に安全なものとはいえません。
豊胸とストレスの関係
日常生活にリラックスする時間がないと、“豊胸マッサージ”やサプリメントを摂取しても、豊胸の効果が現れないことがあります。 なぜ、豊胸・バストアップにストレスが関係があるのでしょうか?
豊胸とブラジャー
自分のサイズに合っていないブラジャーを着用していると、バストの形が崩れてしまいます。 そこで、自分に合ったブラジャーを選ぶ際の注意点を紹介します。
豊胸と便秘
“便秘”に悩んでいる女性はとても多いと思います。 その“便秘”は、実は意外にも豊胸と関係があるのです。
豊胸手術に関する質問
“豊胸手術”に関して、よくある質問とその回答を紹介します。
乳頭陥没について
乳頭が陥没していることで悩んでいる人も多いと思います。 “乳頭陥没”で悩んでいる女性は、女性全体の10%以上といわれています。
豊胸材料の移り変わり
約10年前までは、豊胸手術で使用される材料としては、流動性のシリコンが入った“シリコンバッグ”が、世界的に使用されていました。 シリコンバッグからコヒーシブシリコンバッグへの移り変わりをご紹介します。
豊胸手術の体験談
“豊胸手術”をして“良かった”という人と、“悪かった”という人の両方の体験談を紹介します。
豊胸グッズの紹介
“豊胸効果”のある、人気グッズを紹介します。
豊胸手術の注意点
現在では積極的に豊胸治療が行われるようになっていますが、豊胸治療の歴史において、これまでは副作用や合併症の連続だったようです。“豊胸手術”における問題点や注意点とはどのようなものなのでしょうか。
共立美容外科について
ある調査において、お勧めの美容外科医院ランキング1位に選ばれたのは、“共立美容外科”だそうです。この美容外科医院の豊胸手術が、1位に選ばれた理由を紹介します。
パワーヨガでバストアップ
“ヨガ”をエクササイズに取り入れると、“バストアップ”に効果的だというのは事実のようです。
バストアップツボのマッサージ
豊胸やバストアップを望んでいるのなら、豊胸効果のある“ツボ”をマッサージするのもお勧めの方法です。
バストアップとビタミン
“ビタミンB1”は豊胸効果のある食品だということを知っていましたか?

※豊胸、バストアップ法の効果には個人差があります。また、掲載情報を使って損害が生じたとしても当方では一切の責任を負いかねますので、必ずご自身の責任の元にご利用下さい。